高齢で治療すると

器具

不妊治療における高齢とは、35歳以上であることを指します。 女性の卵子の数はそれどれ生まれた時から決まっており、年齢が上がるにつれてその数が少なくなる傾向があります。また卵巣の機能も加齢とともに低下します。 そのため35歳を過ぎたころから妊娠率がぐっと低下します。 40歳を超えると妊娠確立はかなり下がり、妊娠したとしても流産や早産の危険性が高まります。 さらにお腹の赤ちゃんが障害を持って生れてくる確率も、母親の年齢と比例して上がります。 最近では男性側の要因で妊娠しにくいカップルも増えています。これを男性不妊と読んできます。 男性も女性同様年齢が上がるにつれて、精子の数や運動率に影響があると最近の研究で明らかになってきました。

高齢であることは不妊治療にとって、なかなか厳しい条件であるということを前段でお話しました。 とはいえ女性の社会進出が目覚ましい現代では、仕事を優先し、結婚や妊娠はそのあとでと考える女性も多いようです。 その証拠に日本の婚姻年齢、初産の年齢は高齢化しつつあります。 高齢になるにつれて不妊になる可能性があがる。この事実を知らない女性もいます。ですからこのことを知っておくだけでも、自分のキャリアと人生について考えるきっかけになるのではないでしょうか。 また現代では生殖医療の技術が目覚ましく進歩しました。若いうちに卵子を凍結しておいて、ある程度の年齢になってからその卵子を使って体外、顕微授精し、妊娠に至るケースもあります。 そのような選択肢についても知っておくといいでしょう。