産婦人科を選ぶ

診察室

 産婦人科の診療内容は、大きく分けて分娩介助、婦人科の病気の治療、不妊治療の3つに分けられますが、この中でもとりわけ分娩を扱う産科医が不足していることが問題となっています。これは、あまりの激務と責任の重さから分娩を扱うことを取りやめる医師が増えていることが背景にあり、これからますますこの傾向は深刻さを増すことが予想されます。  これから出産を予定している人は出産する産婦人科の病院を探すのにも一苦労で、産科医不足が深刻な地域では、自宅から近い場所での出産を諦めなければならない状況に陥る危険性があります。ですので、妊娠が発覚したらすぐに出産場所を選んで確保することが何より大切になってきます。  今後、多くの女性が安心して子どもを産むことができる社会を作るためにも、産科医をめぐる環境を整備することが重要となってきます。

 産婦人科の病院を選ぶには、いくつか重視すべき点があります。陣痛が来て自宅から病院へ行くまでの移動時間はできるだけ短いほうが安心ですので、自宅から近いことは必須条件となるでしょう。初診から出産を迎えるまで何度も健診に通わなけらばならないので、その点を考えても通いやすい場所にあることが理想であるといえます。  また、出産する人の要望が叶うかどうかも重要なポイントです。立ち会い出産がしたいとか、個室に入院したいとか、出産後母子同室が良いとか、これから出産を迎える人がどのような出産や入院生活を希望するのかによって、選ぶ病院は変わってきます。産婦人科の病院を選ぶ際は、こうした希望が聞き入れられるのかをまず確認するようにしましょう。